Samuel Zavala

​山と農園をこよなく愛する若きチャレンジャー

サミュエルさんの父、サラティエルさんが1994年に今の土地の一部を買い、それ以降毎年少しずつ農地を広げ、カップオブエクセレンスでも、何度も受賞している優秀な生産者です。 お付き合いが始まった当初はサラティエルさんとの関わりでしたが、現在は息子のサミュエルさんが亡き父の後を継ぎ、生産量より品質向上に熱意を注いでいます。土壌はディピルト地域特有の砂地ベースで、平均降雨量は1400mmです。 買付けしているコーヒーはマラカツーラ種ですが、それ以外にカツーラ種やゲイシャ種、パナイレマ種なども栽培しています。サミュエルさんは大学で農学部に所属していましたので、父のサラティエルさんが実行しなかったような新しい生産方法も試しており、また今までは直接取引は日本とだけだったのですが、今はスウェーデンやスペインにも直接取引できるようになってきました。ラエスペランサ農園は、別に買付けをしているサンホセ農園と隣接しており、収穫後の生産処理には欠かせない綺麗な湧き水を共同で使用しています。