P2242734.JPG
 輸入や焙煎を介さないと完成品にならないコーヒーだから
ロースターに出来ることを責任もってしていきたい 

どんな流れで行われるの?

<パンデミック前>

<パンデミック中>

1.

運営者が産地を訪問し、協力生産者のサンプルを収集。現地プロロースターにサンプル焙煎を依頼。

2.

焙煎豆を持参し帰国。

​ただちに全国のカッピング会場を巡り、合同カッピング開催(3~4月)

3.

カッピング後ただちに生産者側へ生豆の確保を通達。​実質の生産者へのオーダーとなります。

ご購入の生産者フェイスブックページをご案内。

​豆が届く前に交流を図れ過去記事や写真を活用できます。

引き続き、生産者には生産処理を続けてもらう。

4.

生産者は生産処理や乾燥処理を続け、倉庫にて水分値の均一を図った後、輸出準備に取り掛かる。

5.

BOOK your COFFEEはその間、コンテナの手配、船の予約、乙仲への連絡、プレシップサンプルの農薬検査等を行い輸入に備える。

6.

船が現地を出航した段階でご購入者様に請求書送付、入金して頂き、そのまま生産者へ我々がまとめて送金

7.

​神戸港に生豆到着後、輸入業務を行い、通関完了後各ロースター様に直送。納品1か月後、配送運賃確定後、請求書発行。振込入金。

1.

渡航せず、サンプルを生産者より発送してもらうよう依頼済み

シーズン中、4回にわたる収穫の内、完熟状態の安定している第2・3収穫時の生豆を確保してもらう

2.

現地からのサンプルの発送準備が4月中旬に完了する予定

​その後約1~2週間かけて日本にサンプルが到着

​(パンデミック前に比べ最終商品に近いサンプルが届きます)

3.

​サンプルが届くまでにご購入希望のお客様を募る。随時募集中。

(あくまでもご購入に前向きなロースター様に限ります。)

4.

​日本にサンプル到着後、ただちにサンプル焙煎し

​希望者へ一斉配布。

到着後すぐにカッピングしていただき、期限までにお返事頂きます。

​注文数を集計後、生産者へ正式発注。

5.

到着後すぐにカッピングしていただき、期限までにお返事頂きます。

​注文数を集計後、生産者へ正式発注。

6.

船が現地を出航した段階でご購入者様に請求書送付、入金して頂き、そのまま生産者へ我々がまとめて送金

7.

​神戸港に生豆到着後、輸入業務を行い、通関完了後各ロースター様に直送。納品1か月後、配送運賃確定後、請求書発行。振込入金。

(*1 本来は現地でカッピングをし、その場で予約分を確定させます
(*2 産地側の倉庫での寝かし段階のサンプルなので、風味の感じ方が異なります)

 

  • 日本のロースター様にカッピングを通じて仕入れたいコーヒーを直接選んでもらいます 

  • 選ばれたコーヒーと数量を生産者に伝え、彼らは輸出分として生豆を確保します

  • ロースター様からの入金を確認後、その旨生産者に伝え、予約分の確定を行います
    (この時点で現地輸出業者に輸出に向けた最終出荷処理を始めてもらいます)

  • 事前に我々が予約していた船に積み、コンテナで1か月あまりかけて日本に到着します

  • 入港後、必要な通関手続き等を経て、ロースターの皆さまに晴れてお届けとなります
    (ロースター様のご希望によって倉庫会社をご案内することも可能です)

  • ご購入後のフォローアップ(産地情報や焙煎についてなど)もお任せください

  • ​ご購入のコーヒーを気にいっていただきましたら、翌年の産地訪問にご参加いただけます

  • ​ご購入の継続が途切れた段階で、フェイスブックページでの生産者交流ページにはアクセスできなくなりますので、ご了承ください。生産者も継続的に購入してくださるロースターと繋がりたいと切望していますので、ご一緒にご購入できたらと思います。

 

​生産者との継続的なつながり

​困難・課題・改善

​無理なくサステイナブル 助け合うことの大切さ

当たり前の事ですが、僕たちロースターは生産者が作ってくれたコーヒーがなければ、商売として成り立ちません。それでは、彼らの存在をどれだけ意識しながら、僕らはコーヒーを扱っているでしょうか。

コーヒーを農作物と捉えているロースターは、必然的に生産者の存在を意識していると思いますが、肝心の生産者と直接繋がって会話をする機会を作ることは、なかなか難しいかもしれません。

 

我々ロースターは美味しいコーヒーに仕上げるという大切な役割があり、同時に消費者へ生産者のメッセージを届けられる唯一の橋渡し役でもあると考えています。

 

BOOK your COFFEEは生豆の問屋や卸業者ではありません。私たちは、生産者がきちんと利益を確保できる金額で購入し、ロースター側からの情報も生産者達に発信しています。一方通行のやり取りは持続可能な関係性を生みません。 そこで生産者の方々とも皆さまがメッセージのやり取りを自由に出来るように、各生産者ごとのコミュニティページをご用意しました。その中では、生産者から届く今の農園の様子や、収穫風景、なかには自然災害に見舞われた際の模様も届けられるかもしれません。また、共有ページでは質問もしにくい方には、お気軽に直接電話での話も受け付けます。

消費者へ届ける情報が増えていくと、おのずと実際の生産者にも会ってみたいという気持ちが湧いてくるかもしれません。そして実際に会ってみると、いかにこれまで日本で限られた情報のまま生豆を扱っていたかを知り、生産者への「情」の薄かった感覚を見直さなければと感じることでしょう。少なくとも私たちが産地から直接買付けを始めた理由は、単なる「原材料の確保」から、「人と人の繋がり」がいかに大切かを気付かされたからに他ならないからです。​

収穫間もないフレッシュなコーヒーを自分の舌で判断し、自分で選ぶことで、より責任感がまし、ロースター自身の販売意欲も高まります。
全てが細かく分けられたマイクロロットですので、まだまだ日本に入って来ていない豆に出会うこともあります。当然、買付出来るのが日本で貴方だけのマイクロロットという可能性もあります。 

 

しなしながら、リスクもあります。支払いがドルベースの為、支払いの時の為替レートで買付額が変動します。円高になれば支払い額は安くなりますが、逆に円安になると高くなります。
また1年分を買い付ける為、在庫管理や資金繰りが複雑化することも考えられます。しかし、無理するより継続してくれることの方が生産者も嬉しいはずです。

 

信頼できる現地側の輸出業者の選定も大変重要になります。

これまでリスクとして、届くはずのコーヒーが低い品質のコーヒーと差し替えられることも想定され、こういったことがダイレクトトレードへの参入を阻んでいました。しかし私たちは素晴らしいコーヒーを安心して仕入れられるようになりました。

「素材としての生豆の仕入れ」から、「生豆を取り囲む環境と人々までも汲み取る仕入れ」を、今の取り扱い商品の一部に取り入れてみてはいかがでしょうか。 もしかすると、コーヒーは工業製品のように思われているお店のお客様の意識が、これから変わっているチャンスに繋がるかもしれません。 ストーリーのあるコーヒー、そしてそのストーリーが日々繋がっていることの面白さを共有できれば幸せです。