Sergio Ortez

自分のしたいことを貫く努力家

お父さんの所有していたカサブランカ農園はカップオブエクセレンスでも受賞を何度かしており、良質なコーヒーを作っていましたが、残念なことに突然お亡くなりになり、セルジオさんが、お父さんから生前に譲り受けたエルポルベニール農園と両方の運営を始めることになります。
お父さんが所有していた農地ではありましたが、内戦後の地雷除去作業が終わった後から手付かずに近い状態の荒れた農園を、今の美しい農園にコツコツとしあげたのは、紛れもなくセルヒオさんです。
知り合った頃は、カツーラ種をメインの品種にしていましたが、2013年以降はパカマラ種とハバニカ種の2種に絞っています。 汚水の環境汚染に配慮しウォッシュド製法は廃止し、ナチュラルとハニープロセスに注力しています。

今のダイレクトトレード(直接買付け)を始めるきっかけとなったのは、セルジオさんとの出会いのおかげです。

​出会ってから十数年経ちましたが、代々良き友としても繋がりを持てたらとお互い話しています。